梟、駆ける。

社会人野球やクラブチームなどややニッチな野球記事や雑記を投稿。

スポンサーリンク

日産自動車九州硬式野球部『日産スターグラウンド』選手の慰霊碑に込められた思い

スポンサーリンク

さて、前回は日産自動車硬式野球部(神奈川県横須賀市)について取り上げたが、もう一つ取り上げなければいけないチームがある。



(日産自動車硬式野球部に関する記事はこちら)
www.shinya-owlnet.com



日産自動車九州硬式野球部
本籍地:福岡県京都郡苅田町
2010年より休部中



そう、日産自動車硬式野球部は一つだけではない。九州は福岡県にもかつて日産自動車硬式野球部の分身たるチームがあったのである。



今回はそんな日産自動車九州硬式野球部にまつわるお話。

日産自動車九州のホーム『日産スターグラウンド』までの道のり


f:id:shinya_owl_net:20181124174810j:plain


日産自動車九州硬式野球部のホームとなる『日産スターグラウンド(苅田グラウンド)』の最寄り駅は苅田(かんだ)駅となる。



先日、実は社会人野球大会の一つである『JABA県連盟会長杯大会』が開催されていたので、私も実際に行ってみた。本来は目的地まで近くまで運行されるバスがあるようだが、いかんせん本数が乏しい。



『TIME IS MONEY』時は金なりである。試合時間に間に合わないと判断した私は、すぐさま苅田駅正面で待ち構えていたタクシーに乗せてもらうことにした。


f:id:shinya_owl_net:20181124174826j:plain


「おいちゃん、日産スターグランドって知っとる?」
「もちろん知っとうよ、今日は何か試合があっとね?毎週末、小中学校の野球部や草野球とかにも使われとるけんね」



なるほど、かつての社会人野球の名門クラブのグラウンドは今でも一般人の方々に利用されている事が分かった。タクシーで10分もしないうちに『日産スターグランド』に到着。片道1,000円もいかない。『社会人野球聖地巡礼』と思えば安いものである。さて、現地に向かうとする。


f:id:shinya_owl_net:20181124174834j:plain


f:id:shinya_owl_net:20181124174845j:plain


今でも『日産自動車九州』『日産スターグランド』の名前はそこに刻まれていた。なお、入ってからすぐのところに広々としたグラウンドが見えるが、そこではなく更に奥に歩いていくと見えるグラウンドが目的地である。当日、手前のグラウンドをそれと思い込み10分程度待ちぼうけしていた私のようにならないで欲しい。


f:id:shinya_owl_net:20181124174918j:plain


f:id:shinya_owl_net:20181124174858j:plain


f:id:shinya_owl_net:20181124174932j:plain


f:id:shinya_owl_net:20181124175049j:plain


元日産自動車硬式野球部練習場『日産スターグラウンド』の様子。バックネット側、一塁側三塁側にも観客席が設けられている。バックネット側はネットで覆われており、写真撮影には適さないが、昔さながらの雰囲気を感じることができる。


f:id:shinya_owl_net:20181124174949j:plain


当日は福岡県のクラブチーム・社会人野球チームである、福岡シーレックス・嘉麻市バーニングヒーローズ・日本ウェルネス大学・九州三菱自動車の試合を観ることができた。私は初日しか観戦することができなかったが、大会は3日間の期間開催され、今大会は西部ガス・JR九州の両チーム優勝(引き分け)という結果で終わった。

元日産自動車九州戦士の慰霊碑


f:id:shinya_owl_net:20181124175010j:plain


熱戦が繰り広げられる中、グラウンド外周を回ってみると何やらお墓みたいなものを発見した。近くに寄ってみると、どうやら選手の慰霊碑ということが分かる。グラウンド周辺に慰霊碑がある球場などそうそうないだろう。せっかくはるばる苅田までやってきたので慰霊碑を拝ませてもらうとする。


f:id:shinya_owl_net:20181124175040j:plain


丸山豊揚 プロフィール
1973年10月12日生まれ
1992年 久留米工大府高校より入社
2000年〜 主将を努める
174cm 72kg 右投両打 血液型A型

戦歴
1993年 新人王
1994年 福岡県ベストナイン
1995年 福岡県ベストナイン
1998年 福岡県ベストナイン
2001年 福岡県ベストナイン・九州ベストナイン・第28回日本選手権九州地区予選首位打者

生涯成績
1677打数 484安打 打率:290 本塁打38本 274打点 168盗塁


f:id:shinya_owl_net:20181124175029j:plain


側には野球ボールを連想させる球状のオブジェがあり、裏には日産自動車九州硬式野球部の全国大会出場記録が刻まれている。



さて、この丸山豊揚という選手はいったい何者なのか?そして何故、この選手の慰霊碑が飾られているのか。その日のうちに家に帰り、調べてみると驚愕の事実が判明した。




日産自動車九州戦士・丸山豊揚氏は野球の試合で命を落とした

丸山豊揚(まるやまとよあき)氏は2002年11月19日の夜に亡くなった、享年29歳。


2002年11月13日、北九州市民球場で開催されていた福岡県教育リーグのJR九州戦に丸山氏は1番ライトで出場。1回表にヒットで出塁後、激しい痙攣をおこし、そのまま病院へ。


日産自動車九州の部員達は心配し、数人に分けてお見舞いに行くも、6日後に容態が急変。危篤状態となり、そのまま息を引き取った。死因は痙攣重積発作。奇しくも、選手全員がお見舞いを終えた後におきた出来事だった。


2002年11月20年、丸山氏が亡くなった翌日、日産自動車九州の選手および関係者達70名が丸山氏の棺を日産スターグラウンドに迎え入れて冥福を祈った。『最後にグラウンドを見せてやりたい』家族からの要望だった。


棺は日産自動車九州の選手達に抱えられダイヤモンドを一周。丸山氏の守っていたショートの守備位置で全員が立ち止まり、日産自動車野球部応援歌『世界の恋人』を歌い、丸山選手を見送った。その後、選手達は普段通り、グラウンドでノックやランニングなど通常の練習メニューをこなした。


(参考URL)

http://shigella.jp/kazusan/nissan.htm/gohoukoku.html


https://sidearm32.exblog.jp/m2005-08-01/


(日産自動車応援歌『世界の恋人』)


日産社歌 世界の恋人



29歳の若さで、しかも大好きな野球が原因で息を引き取った丸山選手。丸山選手の思いを慰霊碑として残そうとした関係者。日産自動車九州硬式野球部の選手達および家族達の、当時の思いを感じることができる野球場『日産スターグラウンド』は福岡県京都郡苅田町に今でも存在している。



補足的な話になるが、丸山選手の息子さんも野球をされている事が分かった。父への感謝の気持ちも発信されているようであり、お父様も天国で息子の活躍を見守っていることだろう。




日産自動車九州硬式野球部の思いを引き継ぎし『苅田ビクトリーズ』

最後になるが、実は日産自動車九州硬式野球部の意思を継いだクラブチームが福岡県になるので紹介したいと思う。



苅田ビクトリーズ(クラブチーム)
本籍地:福岡県京都郡苅田町
2010年 日産自動車九州野球部員の有志らにより創設



苅田ビクトリーズは九州地区のクラブチームでは強豪にあたり、2018年度の都市対抗野球九州地区予選では新日鐵住金大分相手に勝利し、1回戦を突破。また、試合には必ず数名のブラスバンド隊員がやってきて応援を披露するが、この方達は現(元)日産自動車九州の社員さん達。そう、まごうことなき日産自動車九州の血を受け継いだチームなのである。




苅田ビクトリーズ ブラバン隊(日産自動車社員OB) 『バビル2世』




苅田ビクトリーズ ブラバン隊(日産自動車社員OB) 得点時応援 『大ちゃん数え歌』

なかなか渋い選曲で今年の夏の九州地区予選会場・北九州市民球場で美しい音色を披露した。



mainichi.jp

また、今年度より丸山豊揚氏の奥さん苅田ビクトリーズのスコアラーとして登録されたという記事を確認することができた。



f:id:shinya_owl_net:20181124175021j:plain


『一 良いも悪いもくそくらえ』

『一 勝つ、勝つ、勝つ、勝つだけだ』



元日産自動車硬式野球部『必勝の雄叫び』に込められた思いは『日産スターグランド』に残り、そして現世でも苅田ビクトリーズというチームに引き継がれている。

スポンサーリンク